スポーツクラブの志望動機

スポーツクラブ求人TOP >> スポーツクラブの転職の基礎 >> スポーツクラブの採用基準

スポーツクラブの採用基準

どのような仕事でもその業界特有の採用基準というものがあります。スポーツクラブの採用基準も例外ではありません。スポーツクラブにおけるインストラクターはやはり資格を持っていたり、運動神経が良い、運動が得意などといったことが条件になる場合もあります。しかし、スポーツクラブでの業務内容は、トレーナーとしてジム内で運動指導をするだけではありません。時には接客やフロント受付などもすることもありますので、結局のところコミュニケーション能力や、社会人としての常識を兼ね備えていることが最も重視されます。

どこのスポーツクラブでもそうですが、「この人はこの職場に適応できるか?」「会社に貢献できるか?」といった視点で人物判断されます。また、スポーツクラブには老若男女、様々な人が出入りますので、年齢や性別に関係なく落ち着いて自然体の対応ができる人かどうかも過去の職歴などから判断されることもあります。その点、前職で営業経験があったり、サービス業などで接客の経験があったりすれば、その点については採用基準を満たしていることとなります。

インストラクターやトレーナーは特に経験があるということがものを言います。また、たとえこの業界に転職して初めて働くといった場合でも、それなりのことを学校で学んでいたとか、自分で何か運動をしているなどといったことが採用基準として重視されます。しかし、フロント受付や事務職などとしてスポーツクラブに転職するのであれば、けっして運動神経やスポーツクラブやジムでの職歴などはまったくといってよいほど関係はありません。受付といった業務は、接客ということになりますので、人との接し方が最も重視されます。面接などでは人間としての常識はもちろんですが、見た目の明るさや感じの良さなどもチェックされることとなります。

スポーツクラブは、どちらかというとインストラクターなどは男性が多く、女性でも明るく活発な人が多い職場です。ですから、採用前の段階であまりにもおとなしめの人だと思われてしまうと、採用に不利になる可能性があります。ですので、採用選考の段階では、明るく元気に振る舞い、面接でははきはきと受け応えすることが大切です。スポーツクラブ内のどの職種で働くにしても対人関係は重要なので、採用基準として最も重視されることは、性格の明るさとコミュニケーション能力ということになるのです。これは、スポーツクラブという体を元気に動かすという場所柄からくる特性でもあるわけです。

スポーツクラブの求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職エリア
リクナビNEXT 無料 全国



Copyright (C) 2014-2017 スポーツクラブ求人ガイド【※転職時の必須サイト】 All Rights Reserved.