スポーツクラブの志望動機

スポーツクラブ求人TOP >> スポーツクラブの転職の基礎 >> スポーツクラブの志望動機

スポーツクラブの志望動機

スポーツクラブという特徴のある職場で仕事に就くわけですから、志望動機にはそれなりのことが要求されると思われがちです。一般的なサービス業やオフィスでの事務職とは特質が異なる職場ですからもっともなことですが、志望動機は他の業種の場合と大きく変わることはありません。たしかに、インストラクターやトレーナーなどの専門職の場合は、そういった知識や技能を活かすといった趣旨で説明する必要があります。しかし、受付などの場合は、ごく一般的なサービス業の受付業務とさほど変わりませんので、特殊な志望動機である必要はありません。インストラクターやトレーナーといった職種の場合と受付業務専門の場合では、若干ですが志望動機の例が異なるので、これらを2つを分けて説明します。

まず、インストラクターなどスポーツクラブ内での運動指導を行なう場合の志望動機ですが、やはり自分自身がスポーツが好きであるということが事が大きな要素となってくるでしょう。そもそも運動が苦手だったり嫌いな人がこの職種に就こうと考えることは少ないわけですから、自分で何らかの運動も行っていて、また運動に関する様々な知識やノウハウをスポーツジムで働くことによって活かし、さらにキャリアを積んでいってその技能を高めていきたいといった趣旨のことを面接で話したり、履歴書などに書けばよいのです。

また、インストラクターなどとしてスポーツジムで働く場合は、若い世代から高齢の方まで実に幅広い年代お客さんと接触し、運動指導することとなり、コミュニケーション能力がとても重要なものとなってきます。したがって、人と接触するのが好きだとか、人との交流・会話が好きといったことも立派な志望動機として評価されることになります。自分自身もスポーツを楽しむことができ、その楽しさや運動技術を他人に教えていくという仕事のやりがい、スポーツクラブの将来性などに触れて志望動機をしっかりと言えるようにしていくことが望ましいです。

一方、受付などの業務を専門で行う案件に応募する際の志望動機は、他業種とそれほど変わるものではなく、一般的で無難なもので問題ありません。接客の仕事なので、自分の性格が明るくて元気であることを活かしたいといったことを述べると評価が良いでしょう。ただし、スポーツクラブという老若男女のお客さんが出入りする場所での仕事ですから、やはり人と接するのが好きであるということが最も重視されます。サービス業で好まれるような要素を志望動機としてアピールする必要があります。

スポーツクラブの求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職エリア
リクナビNEXT 無料 全国



Copyright (C) 2014-2017 スポーツクラブ求人ガイド【※転職時の必須サイト】 All Rights Reserved.