残業が少ないスポーツクラブ求人

スポーツクラブ求人TOP >> 条件別のスポーツクラブ求人 >> 残業が少ない

残業が少ないスポーツクラブ求人

スポーツクラブやフィットネス、あるいはアスレチックジムとかダンス・ヨガ教室などスポーツ系のレッスンを行っている施設のスタッフ業務は、基本的に残業が少ない職場だと言えるでしょう。それはレギュラーの営業活動がスケジュールされた時間内で完了するからです。ただし、都市部の人気店などでは早朝5時6時から営業を開始するケースもありますし、深夜営業で翌朝近くまで営業するスタイルもよく見られるようになりました。24時間営業をするところもありますが、そこではちゃんとシフト分けして仕事を振り分ける様にしていますので、スタッフが不定期の残業をする必要がありません。つまりスポーツクラブ系の職場ではあまり残業が発生しないと言えるでしょう。

特に女性スタッフの方には、家庭の事情などで残業が難しい場合があります。あるいは自分のプライベートな時間を優先したいと望んでいる方も少なくはありません。そういった希望のある方はインストラクターやトレーナー職を求めると良いでしょう。近年では、高齢者の方のリハビリを兼ねたスポーツレッスンが盛んになっています。中にはパーソナルトレーナーを望む利用者さえいるのです。つまり、インストラクター系のスタッフは社会的ニーズが増していると言う事です。

その点は求人市場をちょっと調べてみると分かります。条件の良いパートタイムの求人がたくさん出されている事に気が付くでしょう。また、フロントの受付スタッフとか清掃スタッフも残業がほとんどありません。スポーツクラブ系で残業が多い部署と言うならば、それは全体を管理する正社員です。クラブ運営から企画・営業に責任を持つ立場であれば、経営者側との話し合いもありますし、裏方のマネジメント業で通常勤務を超える働きをする筈です。はっきりと言えば、それ以外は定時勤務内で仕事をまとめられる職場なのです。

このようにスポーツクラブやフィットネス施設などでは残業の発生がごく限られていますが、それでも土日や祝日の勤務はローテーションなどでカバーしていかなければなりません。休日利用者の多い業種ですので、人が休んでいる時こそが稼ぎ時となります。つまり他の人々が働いている時は比較的休みが取りやすく、他の人が休んでいる時にこそ頑張って働く職場だという事です。この点は、サービス業を行っている職場では当たり前でしょう。何もスポーツクラブに限った事ではないので、就職希望者にとって受け止める事は難しくないでしょう。

スポーツクラブの求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2014-2017 スポーツクラブ求人ガイド【※転職時の必須サイト】 All Rights Reserved.