トレーナーのスポーツクラブ求人

スポーツクラブ求人TOP >> 条件別のスポーツクラブ求人 >> トレーナー

トレーナーのスポーツクラブ求人

スポーツクラブのトレーナーの求人を実際にチェックしますと、まず1ヶ月(150時間)程度の研修を受けて、協会認定の資格を取得後にクラブへ配属といったケースがよく見られます。つまり、過去に全国大会や有名な大会で入賞したからと言って、そのまま就職できる訳ではないという事です。もちろん、過去にスポーツの分野で実績を残している方が有利なのは確かでしょう。さらに詳しく見ていきますと、未経験や第二新卒・既卒もOKで、学歴不問と言った内容も目立ちます。

トレーナーの求人に応募するためには、健康体で運動神経に優れていて、かつ円滑なコミュニケーション能力を持っている事となります。つまり、学生時代からスポーツに親しんでいて、それなりの実績があり、人と接することが好きで、人に好かれる性格の方は応募する資格があるという事なのです。ただし、募集要項には年齢制限をしている所もあって、基本的には20代・30代の方の応募が多いと言えるかもしれません。

先ほどにも言いましたが、スポーツクラブのトレーナーになるために資格が必要というわけではありません。必要な資格は採用後に研修して取得するシステムが多く見られます。そこで採用のポイントとして、その分野にしっかりとした知識を身につけている事が条件となります。スポーツの指導の対象は、小さい方ですと赤ちゃんから、年配者はお年寄りまでと幅広い年齢にまたがっています。また、学びに来る方の事情や目的も多様ですから、その要望に科学的な根拠をもって対応しなければなりません。いわゆるスポーツ理論的な知識は必須となるでしょう。それから生徒たちが安全に、かつ効果的にスポーツを学べる技術力も要求されます。つまり確かな指導力と責任をもって仕事に当たる事が要求される職種だという事です。

そこで、先の求人の話に戻りますが、募集要項では幅広い求人がなされているとは言え、実際に採用される方には上で述べたような条件が必要です。そして同時にある程度のケガの応急措置などの知識も必要です。ですから、スポーツのトレーナーやインストラクターになるには、スポーツ・健康系の大学や専門学校で学んだ方が有利でしょう。ただし、健康系のヨガや太極拳、ダンス系やフィットネス系では、専門学校などでの修学を云々しない場合があります。実際の実力は、大きな大会の成績や学んだ教室・クラブのネイムバリューで判断されるケースも少なくありません。その点は個々にチェックをしておくことをおススメします。

スポーツクラブの求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2014-2017 スポーツクラブ求人ガイド【※転職時の必須サイト】 All Rights Reserved.